FC2ブログ

☆ カテゴリ:開発の歴史 ☆

第2世代のシステム

第2世代は、漢字処理の導入です。
初代PC-8001では、顧客名は、カナ表記でした。

昭和59年、第2世代として、富士通製FM-7に、システムを移行しました。
各種の出力帳票に漢字を使って、出力できるようになりました。
これにより、入金処理時の「領収書」が、見栄えのよい帳票として出力できるようになりました。

この段階で、貸金業務の顧客管理として、かなり本格的に使えるようになりました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tocosie.blog.fc2.com/tb.php/20-da32cc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

全体概要 (2)
適用事例 (8)
出力帳票 (15)
開発の歴史 (6)
Q/A集 (1)
作成中 (1)

プロフィール

トコエノ

Author:トコエノ
ABCかんたん業務ソフトを開発・販売しています。

アクセスカウンター

ようこそ!

検索フォーム

リンク

トコシエ提供サービスメニュー

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク集

下記サイトも、クリックしてみてください

1.国内格安航空券サイト
国内格安航空券サイトe航空券.com

2.FC2提供アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策